新生ROAN 古参と疎遠の逸脱者

プロフィール

逸脱者

Author:逸脱者
首謀者一覧

ミナスカ(H:DEFENDER)
どの局面でも落ち着いて見える

ミオルロ(E:PRIEST)
何をするにも嫌がるプリースト

グロリフェ(HE:SCOUT)
自分が楽しければとことん頑張る

シイミヤ・チヅマ(D:AVANGER)
PK・PKKの烏、チヅマ旅団長

十六夜KASUKA(D:PREDATOR)
我が道を行く模範囚

グルタエ(DK:DRAGON SAGE)
双頭竜兄、事情あってドラゴンナイトにジョブチェンジ予定

グルタエルジェ(DK:DRAGON SAGE)
双頭竜妹、事情の正体だが更に知能派ルジェを作ろうと考えているだと…!

リティナ(G:SAVAGE)
得に宝箱には獰猛になれる




基本的に古参と関わらないように逃げ回る人です(笑)初心者を過保護な位に支援する事、初心者を卒業したらこっそりと身を退く事がROHANでの楽しみの一つ(๑≧౪≦)古参と話をするといつPKされるのかとビクビクするので、バフ支援などいいから離れて下さい!((((;゚Д゚))))

最新トラックバック

新生ROHAN リンク

Copyright 2014 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved. Copyright 2005-2014 R.O.H.A.N by PLAYWITH GAMES Inc. All Rights Reserved.

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 永遠の新規がエルフの感想

邪魔!

邪魔アアァ!!

どうも!今回はエルフ…に行きたい所なんですけど

ぶっちゃけあまり使ってないっていうね。

種族解説

エルフ

1次職業(ヒーラー)2次職業(プリースト/テンプラー)

いやもうこれずば抜けて上級者向きですよね。育成パターンは主に知能派か精神派の二つのパターンに別れる、ちょっと特徴的な部分があって

「知能→テンプラー/精神→プリースト」

とは言い切れない!

プリーストにもテンプラーにも、知能・精神の双方に依存するスキルがある、知能でのプリースト、精神でのテンプラーという選択肢もあるということ、しかも聞いた話では単なるネタキャラではなく実用性もあるらしいじゃないですか(ノ∀`)ただ今回はボク自身もよく知らない部分が多い為、実際の感想としては前回よりかなり劣ると思いますが・゜・(ノД`)・゜・

1次:難易度(★★★)狩り(★☆☆)補助(★★★)対人(★★★)クエスト(★★★)
ヒーラー スキルツリー

以下の例は過信は禁物、個人的に「お、ちょっと面白いじゃん」と思った時のスキルパターンを載せています、ヒーラーの時代に試してみた数有る中で、最も個人的に評価の良かった物をチョイスしています。前回と同じくスキルポイントを15残した場合です。

まずこちらがPT・補助向けのスキルツリーです

PT補助向き

!COUTION!

皆さん「知能派は支援補助のヒール役は不向き」と勘違いをしていませんか?そうであるのなら是非改めて頂きたい!決して不向きと断言できる訳では御座いません。

それは何故か?グループヒールの回復量と思った方は不正解です。精神に依存する中でも最大の鉄壁ともいえるスキルマジックバリアの有無での判断。しかしながら実際、マジックバリアは緊急用とも言っていいスキルであって、常時展開必須のスキルという訳では無いという事。逆にこれを常時展開しての無茶な狩りというものにM.KILLの回転数を上昇できるものだろうか?

確かに防御面に劣る種族も居ますが、そういった場合はインスタントヒールでも十分に賄えると立証済です。更に知能派であればメンタルバリアが有り、近接物理攻撃を主体とするヒューマンやデカン、ジャイアント等には逆に恩恵があったりもするのですよヽ(´▽`)/特にナイトがPTに居るのであればメンタルバリアの効果も追加されて常時ダメージに耐え抜き、軽くグループヒールを掛けてメイジや武器での吸収の乏しいアサシンやアーチャーをヒール・インスタントヒールでサポートする余裕さえ生まれる。

どちらにも利点はある、精神だって長く愛された癒しの象徴に変わりは無いです(*゚▽゚*)
ちなみにこちらが知能派でヒール担当を行った時のスキルツリーです、ヒールのレベルは少し落として他に回すというのも一つのアイディアだと思います(´∀`)
PT補助 知能派

では続いて対人のパターン、こちらはちょっと怪しげにも思われますが、まだキャラクター種類がH・E・HE・DK・Dだけだった時にはかなりの驚異だったと聞きました。友達に協力して貰ったりして色々と試してみましたが、結構非道的な戦闘スタイルwやり込むとかなり面白い対人特化ヒーラーでした(゚∀゚ )
対人向き

わざわざヒール捨てる事も無かったというのは言わないで(笑)ドラゴンファイターのようにスタンや麻痺での免疫が無いですが、その代わりとしては十分なんじゃないでしょうか?混乱解除&サイレンスキャンセラー!ディテクトは30秒という間20m範囲の潜伏者を感知できる、これ即ちモータルライジングの奇襲を抑える事ができるのです。後攻なイメージがお有りで?とんでもない!ダンより早めの奇襲攻撃です更に味を出してるのがネットバインド

ディテクトマインドブラストホーリーライト(ディバインビーム)セイントストライクネットバインドマインドブラストホーリーライト(ディバインビーム)セイントストライクキルタイムネットバインドマインドブラストホーリーライト(ディバインビーム)セイントストライク

このスキルサイクルが完走できた時は必ず爽快感を味わえますw特にネットバインドやマインドブラストの後はアサシンがスプリンストを使ってきやすいので、使っておいてまた捕まる時の相手の心境を感じてみて下さい…

(初回マインドブラスト劇解除→拘束)「…え、は?おいよぉ!…(##゚Д゚)イライラ

  (拘束解除→マインドブラスト)「っしゃ…ハァ!?ヽ(`Д´)ノイライライライライラ…

(終焉→アンコールからの拘束)「なんでだょぉぉおおおおおおおお!!!!!(╬゚◥益◤゚)

妄想しただけで髄液噴射(*°∀°)=3ここまですれば仮にポーション等で生き存えてやられても満足しません?w同格相手なら十分楽しめる戦闘になると思いますよ( ´艸`)ムププ

粘着化したら尚爆笑ですよねwww

前回と同じく、PKに関しては勝敗を求めない、如何にその緊急事態を楽しむかを推薦しています。

案外楽しめば悪いものじゃないのですよ、チンピラ勇者登場は望んでません、PK「始末」はマナー違反です。「撃退」しましょう。


続いてはクエスト、ソロのヒーラーなどは主にこのパターンになってくるのでは無いでしょうか?
知能ソロ・クエ向き

精神派の場合はマインドブラストよりもマジックバリアとディバインビームで捨て身の攻撃をする方が良いかも知れませんヽ(´▽`)/必ずしも無敵という訳では無いので少しデザインをしてみるのも良いかも知れません(*´∀`*)武器に混ぜるオプションストーンはロハの槍をお勧めしますヽ(・∀・)攻撃力を重視して撲滅運動(笑)

ちなみにエルフ、育て方で武器のオプションとかも変わってきますし素材も選んだりもする事がよくあると思います。それぞれのプランに有ったエルフを育成していって、そのプランに一番相応しいと思う職業を選ぶだけ。そういった部分ではヒューマンに近いものを感じます

2次プリースト:難易度(★★★)狩り(★☆☆)補助(★★★)対人(★★☆)クエスト(★★☆)
プリースト スキルツリー

ヒーラーの時点で方針が確定していれば、どれにも欠く事無く行ける事でしょうが、途中の躓きや環境の変化で揺さぶられ易いともいえるでしょう。それ故に難易度が高くしてあります。エルフは職で決まるのでは無くて、その目的でエルフが決まる。回転の早い強力な魔法を叩き込む魔法戦士になるか、多様な役割を担い仲間を支える架橋になるか、相棒をサポートして敵陣へ切り込む奇才なトリックを巧みに扱う魔道士か…迷えば器用貧乏にもなる、それもまた一つの楽しみかも知れないですけどねヽ(*´∀`)ノ

2次テンプラー:難易度(★★★)狩り(★☆☆)補助(★★☆)対人(★★★)クエスト(★★★)
テンプラー スキルツリー

殺戮天使の異名を持つらしいですね…wしかし装備を揃えるのにかなりの苦労をするとか。ボクも実際使ってみたけどヒーラーのスキルとの組み合わせによっても変わってくるし、妨害としても有能、攻撃面が育ってきた為狩りにおいても★追加できるとは思います…ボクが下手なだけですorzツインはめればまた変わってくるんだろうなぁ…でもブラントマスタリーの速度がもう一声って感じでしたね(だから装備に金が掛かるのかな…)
スポンサーサイト

■ 永遠の新規がヒューマンの感想

グホッ!

グホッ!



どうもお久しぶりです。自作自演で有名なボク達です(*´∀`*)



いや、結構プレイはしてたんですよ。ぶっちゃけて言うとね。


ただ今回になってようやく全ての転職作成が終わりましたので、育ててみての感想じみた解説をしていこうかなって思います。久々のブログなんでね、とはいってももう知った事ですよね(笑)


種族解説


ヒューマン

1次職業(ナイト)2次職業(ディフェンダー/ガーディアン)


初心者向けでは無いでしょうかってつくづく思いましたm(_ _)m個人的には「ヒューマン」ていう時点で何か気に食わなかったりもしたこのキャラでしたが、1次職からバランスの良いスキルばかりで、狩り・対人、パーティーにおいては戦力と補助のあらゆるパターンでの育成が楽しめるオールマイティなキャラクター。1次職で安定を実感できれば、2次職の2つのパターンのどちらを選んでもやり込める事間違いなし

唯一の特徴としてならやっぱり二刀流/盾の切り替えでしょうねヽ(´▽`)/二刀流だと武器を片手武器+短剣を作らないといけないけど、その分オプションの恩恵も他と比べて多いし、ここでもまた味わいが深まる感じが良いですよね


1次:難易度(★☆☆)狩り(★★★)補助(★★☆)対人(★★☆)クエスト(★☆☆)
ナイト スキルツリー

評価については個人的な部分が多いですLv50の転職後のスキルを仮に15ポイント残したとしての育成パターンを決めて、実際に1週間使ってみた際の感想からこのように評価しました。

つまりはかなりの額無駄に課金してます

各評価を育成パターンとして、狩りは7秒サイクルのアサルトクラッシュが主要となっていく時点で十分な体力安定が望めるし、ヒューマンは防具の防御力が最も高いので、ある程度の体力が確保できて緊急用のポーションがいくつかあれば長期間の狩りは十分に望める。でも自己バフだけのソロで経験値の高望みはしないようにオールマイティとはそういうこと。

補助に関してはどのパターンでもバフは取得するとは思いますけど、盾役としても十分にやれます。PT一筋!我こそは貫けぬ盾!火力など不要だ!みたいな方であれば滅多に使わないだろうチェンジマインドも覚えれますよ(笑)他にも盾スキルを上げて緊急サポートする組み合わせや、戦闘能力も込みでの盾役のパターンなどもいくつか行ってみました。結構楽しかったですよ( ´艸`)ムププ

対人、此処なのですが、ダンの奇襲には敵いません(´д`)PVPに関してハッキリ言わせて貰うと
弱いキャラだって確かに居るさ。
レンジャーで範囲狩りやってくれみたいな無理難題言われてるのと同じ(笑)たまに沸いた赤ダンにやられるのだって同じようなもの。自分は狩りの態勢になってるけど、赤ダンは対人態勢。狩りの態勢のまま対人態勢の相手に敵う訳が無いよ!
でもね「その逆もまた然り」という事を覚えておいて

たまたま遭遇した野良PKに何とかお願いして、対人パターンのナイトで何戦か交えました。体力多めの盾役で、ラコン内PT中に野良PKが奇襲に来るというケース。PT内では事前に野良PKの事を説明し、野良PKを待ちながら狩りをする。
装備に関してはカトブレパスから押収した物理グレイアムセット
武器Rにはエドネの指輪(HP吸収3%)エドネの涙(吸収 HP2%MP1%)フロックスのランプ(ブロック率+8%)を混ぜたソングオブアインホルン
には(物理+40魔法+7HP200)の強化ジュルタンシールド(ブロック率6%)
武器Lにマレアの水差しと古びたマレアの水差し(クリティカル率合計5%)を混ぜたアルメネスダガー(結構破産しました;)
そしてスキルツリーはこちら
対人仕様ナイトのスキルツリー


結果としては倒せない


でも、相手も瞬発性だった為、体力は低い、当たれば此方にも有利になってくるもの。とはいってもナイトじゃあ無理っつーもんでね(笑)でも体力は半分以上に削れた事も3回ありましたョヽ(*´∀`)ノただこれね、チームワーク重要(笑)できればE・HE・DE・DKが揃えば最高(1度これが揃って残り800まで削りました)
仮にこの仕様でやっていたとしても、他のプレイヤーには対人という視野が無い方が多いので、より良いチームワークであればあるほど対人は強くなるのはタウンから学べる。

解説すると、ナイトには妨害スキルがスタンとノックバックの2種類しかない、解除スキルが無いのはかなり大きい。
なので先にPKが自分にサイレンス使ってくればまず勝ち目も逃げ場も無い、かといって対人火力もそこまで大きくは無い、でも悪足掻きは十分にできる。
その一番の目どころがシールドプッシュ、Lv4で5mの距離はダンに追われて捕まるまでに10秒はある。仮にスプリンストで追ってきた場合にはチャージができる。この2つのスキルで上手く15秒を切り抜ける事ができればシールドプッシュが更に使える、ポーションが使える。逆に言ってしまえば誰かを犠牲にしなければいけないし、頭の回転が良いPKであればひと呼吸置いてハイドONにするという奇策には敵わない。これが一つの策

もう一つは800まで削った奇跡の話なんですけど、奇襲で真っ先にエルフがやられ、空かさずナイトでシールドプッシュして逃げようと思った時の話。釣りしてたHEさんがPKにルートピアス売ってちくちく攻撃開始!エルフから事態に気付いたDE2人もPKに攻撃開始、5秒過ぎて、マナバーンとパウチでDE1人混乱、1人は仕留められ、チャージでスタンの仕返しから反撃する(この時およそ半分)短剣に切り替えてもクリティカルの威力はそんなでもないし、2発のクリティカル以外は外れるしでスタン切れて残念賞。ついでにHEもファイアエレメントが集まってきて残念賞。丁度ダンはHEに向っていてスプリンストを消費、パウチの解けたDEがなんとコールドウェーブ!?使ってまた反撃するも2秒程しか効果が無く、逃げてみるも追いつかれ、死ぬか否やのポータルワープで何とか一人は生還できたという。

全くもって奇跡ですが(笑)この時は野良PKさんも「いつもと違って結構楽しめた」と喜んで頂けました(*≧∀≦*)

他の方法としてはヘイトを移す。これは普段ボクがやる事なんですが、奇襲された時に忍者の秘法下級使ってこっちがハイドして、全滅後ヘイトがPKに行って被弾量を見て反撃する…目には目を、歯には歯をってやつです(# ゚Д゚)



結構ナイトだけで結構長くなってしまいましたが、最後にクエスト。これはナイト時は微妙でした…なんというか、多くのものをザクザク狩る分には宜しいかと思います。散らばっているモンスターを倒せとか、魔法の敵を倒す場合とかだと決め手となる瞬間火力が無いんです…あるにはあるんだけど、リキャストからしても結構面倒だった。盾装備すれば二刀流程のスピードでの合間攻撃はできないし、二刀流だと朝倉とツリーをサイキックルートにして2・3の数。サイキッククラッシュ12秒って意味あるの?せめて10秒にしようよw良ければサイキックファントム並の8秒ってどうです?(笑)

シールドプッシュこそ10秒がいいですね…といったようなところです。




ようやく次は2次職の解説になります(*゚▽゚*)

2次ディフェンダー:難易度(★★☆)狩り(★★★)補助(★★★)対人(★★☆)クエスト(★☆☆)
ディフェンダー 画像

ディフェンダーはPTにおいての盾としての役目を重視した為、補助の評価が上がりました、その分の難易度も上がりましたヽ(・∀・)ノ何故かっていうと、ディフェンダーの重視している所がPT時に活躍するからです(´;ω;`)

この大陸には人が居ないのだ。


ですが、一部の補助スキルはソロの時でも展開可能なので、ソロ時の基本能力値としてはかなり上回る為
ナイト時の朝倉を使いこなすようになればより効率は向上する。
但し盾と短剣の切り替えをしたりもする時もあるはず、装備作りやスキル選びに関しても、難易度が上がっていく事でしょう。とまぁこういった評価の上で、貴方ならそのスキルツリーをどう進みます?

ディフェンダー スキルツリー

ボクはディフェンダースキルに関しては能力上昇スキルのみを取るようにしてます。ヒューマンの狩りは朝倉の愛し方とキャラクターのアセンブルで成長するものと思ってます(笑)ナイトの時に300%にもなるシールドプッシュもあるので、フォールウィンドはちょっと押されてきた時に使ってます。エクステンション→フォールウィンドのやり方も知ってますけど、朝倉だけでも十分やれてるので後回しになってます(*´∀`*)欲を言えばシールドバーテンが欲しいです



2次ガーディアン:難易度(★★★)狩り(★★★)補助(★★☆)対人(★★★)クエスト(★★☆)
ガーディアン 画像

ガーディアン!敵陣を突っ切る特攻隊長!ボス討伐の要になるでしょうね(´∀`)多数のスキルの中からどれを活かすかでボスや対人での勝敗が決まる、過信をせずに相手をよく知る事。対人よりはボス向きだと思いますね、やっぱり対人はチームワーク次第…でも催眠すら抵抗するスキルとストーンスキンは重宝、だからこそ「使い時」に悩める(ノ∀`)

Hはリーダーシップの取れる方がやってくれるとすごく楽しめるものです、事前に策を考えて部隊を組んで作戦通りに行ったら「さすがヒューマン違うね!」と思うこれは


個人的解釈

ガーディアン スキルツリー

案外Lv50を超えてからある程度クエスト進行も容易になってきます\(◎o◎)/!クリティカルオーラを覚えてからのインボークとクレイジースタンディングの驚異、オーダースウィングクレスタシンボルの会心の一撃が決まれば失禁(笑)

傭兵としてもある程度活躍できたりもする、その分スキル振りがどんどん左右されがちだったりもしますけどね(^_^;)

どの方針にしても、ヒューマンに言えることはナイトの時代こそ重要素が多いより多くを経験して自分の成長する道を定めて、転職後どういう世界が見れるのか実感してみて下さい(*´∀`*)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。